読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

techheadacheのブログ

IT系ブログです。手を動かして実際に触ることが好きなので、実際に導入してみてごにょごにょした結果やそこまでいくまでのやり方などを簡単に説明します。いづれ写真添付とかしてわかりやすくしたいと思っています。エントリーレベルの知識の人向けです。

Google Spreadsheet / 画面の固定

Excel ではおなじみのこの機能。

 

Google  Spreadsheet でもできます。

 

具体的なやりかたのひとつの方法を紹介します。

 

とてもシンプルです。

 

「指定の行を固定する」

1)この行まで固定したいという「セルの下線まで」セルをクリックします

2)セルがアクティブになっていることを確認してツールバーの「表示」をクリック

3)固定>現在の行まで を選ぶ。

 

これで 完了。

指定の行まで画面が固定されました。

 

 

はてな記法で書いてみる(前記事)/

これをはてな記法で書いてみると、
スーパーpre記法 (シンタックス・ハイライト) が使えるかどうか。

Aps Script は WebAPI へのアクセスなど使いやすいのではないかとつかうことにしました。

例えば天気予報のAPIサイトとかありますよね。

まずコードを書きます。

例えば下のようなコードを書きます。

Google Apps Script で実行します。

function weatherData() {
var logtake = UrlFetchApp.fetch("http://weather.livedoor.com/forecast/webservice/json/v1?city=140010");
Logger.log(logtake);
}

そうすると、ログがとれる Google Aps Script の完成です。
はじめて Google Aps Script を使う人は、
外部データへのアクセスの承認画面が表示されますが、

許可するとまたプログラム画面に戻るので、

再度同じように実行ボタンを押すとプログラムが動きます。

あとはいろいろメソッドがあるので、それをぽちぽち置き換えればいいです。

ちなみに取得できたログをみるのは  表示>ログ で見れます。